IQが高くても発達障害に!?生きづらさの原因は言語性IQと動作性IQの差。

言語性IQ動作性IQ
スポンサーリンク

どうも、IQが高いと長年勘違いしていたエスト(@ESTO_geography)です。

先日検査したWAIS-IIIの結果によると、言語性IQが110で動作性IQが90、全検査IQが101という結果でした。

IQの平均は100とされているので、言語性は平均より高め、動作性は平均より低めで総合で平均並みという結果でした。全然頭はよくないのですね。

言語性IQは高いので、今このようにブログで文章を書けているのかもしれません。ですが一般社会で言語性IQを発揮できる場面は限られていて高くてもそれほどメリットにはなりません。逆に低くてもそんなに業務に差し支えるわけではないのです。

ただ働く上で動作性IQが低いと結構困ることになります。

言語性IQは「言葉」の能力。僕がブログかけてるのもこの数値が高いから。

プレゼン

言語性IQはいわゆる「学力」と直結しています。育ってきた環境によって高くなることも低くなることもあり、後天的な影響を強く受けます。

言語性IQが高い場合、耳で聞いた情報を処理する能力や、言葉の意味を説明する能力が優れているということになります。

IQを細かく分けると群指数という指数があり、「言語理解」と「作動記憶」が言語性IQに該当します。

「言語理解」は言葉の知識やその知識を応用する力であり、「作動記憶」は注意を持続して耳から聞いた情報を記憶する力です。作動記憶はワーキングメモリとも呼ばれます。

僕は言語理解が112、作動記憶は96でした。

国語などの学力は割と高く、短期記憶は苦手とはいえ平均並みといったところなのですね。

ただ、言語性IQが高くても仕事する上ではあまり役に立たないと思います。肝心なのは後述する動作性IQだからです。

動作性IQはワーキングメモリ。低いと社会生活上困るかも?

動作性IQは目で見た情報を処理する処理する能力や空間的な処理能力を指します。

動作性IQは生まれつきの要素が大きく、低い人が努力で伸ばすことは難しいんですよ。

スポーツ、特に球技が得意な人は動作性IQが高い傾向にあります。僕はスポーツ全般苦手だったので動作性IQが低いのも納得いきます。

動作性IQの群指数は「知覚統合」と「処理速度」です。

「知覚統合」は視覚的な情報を取りまとめて推論する能力で、「処理速度」は目てみた情報を素早く正確に処理していく能力です。

僕の知覚統合は99で平均並みですが、悲しいことに処理速度が78しかありません。頭の回転が遅いということです。

車の運転も向いてないでしょうね、動作が遅れたら命に関わることになりますし。

大部分の仕事は動作性IQが関わってきます。コンビニバイトなど世間では簡単と言われている仕事も、動作性IQが低いと難しいです。(僕はあまりに仕事ができなさすぎてコンビニ4日でやめました)

また運動が苦手だったり手先が不器用な発達性協調運動障害も動作性IQの低さが原因とも考えられます。

言語性IQと動作性IQの差があると発達障害?

苦悩

僕は全検査IQが101なので平均並みでした。The・凡人ですね。

ですが平均だから可もなく不可もないといわれるとそうでなく、言語性IQと動作性IQの差が離れているのが問題なのです。

言語性IQと動作性IQの差(ディスクレパンシー)が15以上あると発達障害と診断される基準になってます。

また、言語性IQと動作性IQの差がなかったとしても細かい群指数に差があると発達障害と診断されることもあるとのこと。

僕はちょうど20離れているのでこの基準に当てはめると発達障害になります。(診断には過去の生育歴など他の指標も必要になってきます)

眉唾ですが、IQが20離れている人とは話が通じないとはいわれます。言語性IQと動作性IQの差は自分の頭の中での整合性がないので生きづらさを感じるといわれています。

言語性IQが高く動作性IQが低いと頭で考え付くアイデアはあっても行動に移せない、いい大学は出ているけど仕事の要領が悪いという問題が発生してくるんですよ。困りものですね。

勉強ができる発達障害の人は言語性IQが140で動作性IQが120で総合IQが130の人もいますが、トータルではハイスペックでもディスクレパンシーが大きいとやはり社会に不適合を感じているという人もTwitterなどで多数見かけました。

なまじ勉強ができるだけ周囲からの期待も大きいため、ミスをするとそれだけ失望も大きくなる・・・・・・。

僕は一応名の通った大学を卒業しているため「いい大学出ても使えないね」という嫌味を言われました。

社会不適合者なりに生きやすい方法をブログを通して発信していきたいと考えています。

発達障害のライフハック本としてはこの本がオススメです。

この本の著者の借金玉さんにはイベントでお会いしたことがあるのですが、とても頭がキレる方だと思いました。

一部が突出して優れていても他のことが苦手だという発達障害の方にはバイブルといえるでしょう。

参考記事: 「勉強しかできない」人の5つの特徴!!そんな人はどうすればいい?

IQなんかで人生が決まるはずない。どんな数値でも自分を受け入れよう。

やる気ない

検査を受ける前までは、僕はもっとIQが高いと思ってました。120くらいはあるのかな〜、と。

そう思うのは、中学生までは勉強しなくても平均の上の成績は取れてたので地頭はいいんじゃないかと過信していました。

しかし現実は平均的なただの人ということです。

IQ検査で僕のことがすべてわかったわけではありませんが、自分のどこが優れていてどこが劣ってるのかもわかるようになりました。

言語性IQが低いと確かに仕事で苦労するでしょうが、そこを理解した上で今後の働き方を工夫していかなければいけないと思います。

あと、IQ高くても社会から浮いている人もたくさんいるのが事実です。

IQ120周辺の人が一番幸福度が高いと言われているそうです。ネット界隈にはメンサに入ることができるレベルの130,140台の人を割とよく見ますが、高いと周囲の人と同調が難しいのではないでしょうかね?

僕の独断と偏見ですが、120くらいの人が最も収入が多いから幸せを感じやすいのではないかと思います。

僕のIQはデコボコが多く、高い結果が出た言語性IQも平均より上という程度。僕より上の人はゴロゴロいるでしょう。

平凡な総合IQの僕ですが、別にIQが高い人に憧れてる気持ちは全くありません。

IQよりは社会性の指標であるEQのほうが高いほうが生きづらさを感じないでしょう。

スポンサーリンク