【嚥下障害】食べ物が飲み込めないのは発達障害が原因かも?

嚥下障害
スポンサーリンク

決して少食ではないけど偏食で好きじゃないものは食が進まないエスト(@ESTO_geography)です。

僕はキノコが好きですが、発達障害の人はキノコが嫌いな人が多いとの調査結果を知りました。

キノコを嫌いな理由の一つとして「食感」を挙げた人が多く、食感が悪いと飲み込めなくなってしまうのでしょうね。

味は問題なくても食感が悪いと飲み込む方法がわからなくなります。もう食べ物として認識できないように。

そして食べ物を飲み込めなくなる原因として、発達障害の特性とも関係があるとの声も聞きました。

一般人の18倍の割合!!ASDはキノコ嫌いが多い

定型発達と発達障害の人それぞれにキノコが好きか嫌いか尋ねた調査が行われました。

定型発達の人は68%がキノコが好き、そして嫌いと答えたのはわずか3%でした。

そしてアスペルガー症候群でキノコ好きと答えたのは36.6%で、嫌いと答えたのは半数以上の56.1%。定型の人と比べるとアスペルガー症候群のキノコ嫌い率は18倍も高いのです!!

自閉症やADHD、学習障害やその他発達障害でも半数近くがキノコ嫌いと答えました。

(アスペルガー症候群という呼称はなくなり現在はASDと呼ばれていますが、記事を尊重してそのまま表記しました)

ソース元: アスペルガー症候群のキノコ嫌い率を調査→一般の18倍以上キノコ嫌いが多い

キノコ嫌いな理由は「食感」と答えた人が多数

食べ物の好き嫌いは誰だってありますが、嫌いな理由も味や匂いや見た目など様々ですよね。

エヴァンゲリオンの監督で知られる庵野秀明さんは「ばい菌だから」という理由でキノコを食べられないようです。(たしかに菌類ですが・・・・)

上記のアンケートではキノコが嫌いな理由も調査されましたが、定型発達では味と食感がそれぞれ74名で最多数でした。

一方、発達障害では食感が41名で2位の味(32名)を抜いてトップに。

アスペルガー症候群に限っても食感15名で味(10名)より多い結果になりました。

発達障害にキノコ嫌いな人が多いのは食感からくる感覚過敏が大きな理由と言えるようですね。僕はキノコ好きなのであまりよくわかりませんが。

関連記事: 光や音が苦手、発達障害が抱える感覚過敏とそのライフハック術

食感のライフハックとしては、無理に苦手なものを食べなくてもよくないですか〜としか言えません。悪しからず。

しいたけだけが苦手な人も

しいたけ

キノコもエリンギやしめじ、えのきなどたくさんありますが、特にしいたけは嫌いな人が多いようです。

やはり食感が受け付けないという声が多いですね。僕はしいたけ好きだけどなぁ・・・。

参考記事: 【衝撃】アスペルガーの人は『キノコが嫌い』…?一般人の18倍以上という調査結果が話題に

食感が悪いと飲み込めないことも

キノコは味も食感も大丈夫な僕ですが、ゆで卵の食感はものすごく嫌いです。味自体は嫌いではないのですがね。

口の中で全ての水分を固形化させてパサパサする、あんなの飲み込めるわけないです。

小さい頃に何度もむせって卵自体苦手になりました。飲み込み方がわからない幼児にゆで卵まるごと与えないでくださいよ、もう〜(誰に言ってるの?)。

小さい頃はパンを食べるのが苦手でした。咀嚼して口の中でドロドロになると飲み込むことができないのです。

今でも飲み込めなくなることもあり、食事にはドリンクが欠かせません。

嚥下障害は発達障害との関連性も?

食べ物をうまく飲み込めないのであれば嚥下(えんげ)障害の可能性があります。

高齢者が食べ物をうまく飲み込めず気道に詰まり呼吸困難で亡くなるニュースはたまに目にしますよね。

うつ病などの心理的要因で嚥下障害を引き起こすこともあるのだとか。

そして飲み込みにくいのは発達障害とも関係があるというリプも頂きました。

嚥下障害と発達障害の関連性を調べてみましたが、明確なソースは見つかりませんでした。

飲み込む筋肉の連動が不十分だとのことで、発達性協調運動障害のため嚥下が困難だと考えられますね。

運動が苦手、手先が不器用・・・。それは発達性協調運動障害かも?

運動が苦手だったり手先が不器用なのが発達性協調運動障害の特性であり、発達障害の半数の人はこの特性が表れるとのことです。僕も当てはまります。

食べ物を飲み込む運動にも影響が出てくるのでしょうねぇ。

私見ですが嫌いなものは食べなくていいと思います。克服しようとして無理に食べるとますます苦手になるでしょう。

栄養が偏るようであればサプリで補給するほうが好ましいです。

食事には常にお茶やコーヒーを用意して、むせったときに備えるようにすると気持ちだけでも安心できるかもしれません。

スポンサーリンク