【発達障害】コンビニバイトは発達障害の人はやってはいけない!!

ども、エスト(@ESTO_geography)です。

僕は大学生の頃コンビニバイトを経験しましたが、まったく仕事ができませんでした。まじ無理っす。

発達障害の特性上コンビニのバイトは最も不向きな仕事内容だと思います。

世間では誰でもできる簡単なバイトだとは言われていますが、もし発達障害でコンビニバイトができる人がいたら本気で尊敬します。神です。

どれだけ発達障害がコンビニバイトに不向きか解説していきますね〜。

スポンサーリンク

コンビニバイトは高校生でもできるくらい簡単?

コンビニ

コンビニバイトは高校生でもできる簡単なバイトだというイメージを持たれてますよね。

大学生になって真っ先に始めるバイトにコンビニを選ぶ人も多いのではないでしょうか?

ですが、発達障害の方はコンビニバイトは非常に不向きですので諦めることが無難でしょう。

悪いことを言ってるつもりはありません。

コンビニの仕事内容は発達障害の特性と非常に相性が悪いのです。

経験次第でできるようになれるほど甘いものではないのです。

動作性IQが低いとマルチタスクができない

言語性IQと動作性IQが15以上離れてることが発達障害と診断される基準となっています。詳しくは下記記事で。

関連記事: IQが高くても発達障害に!?生きづらさの原因は言語性IQと動作性IQの差。

動作性IQ>言語性IQである発達障害の人はネットを眺めてもほとんど見かけないような気がします。仕事をする上でさほど問題にならないため診断をされることがないのだと思います。

しかし言語性IQ>動作性IQの発達障害の人は勉強はできるけど仕事ができないタイプが多く、学業面では問題なかったものの仕事ができないことが表面化して診断されるケースがほとんどとのことです。

そして動作性IQが低いと複数の仕事を同時に行うマルチタスクが苦手であり、コンビニバイトはマルチタスクの嵐・・・・・。とても務まる仕事ではありません。

コンビニバイトは覚えることが多すぎる

人手が不足している店舗も多いため、コンビニバイトに採用されること自体は難しくないでしょう。

しかしコンビニバイトは覚えることが多すぎます。

まずは清掃、そして販売品のおでんや肉まん、唐揚げの調理方法やタバコの銘柄を覚えなければなりません。この時点でメモリが足りなくなりそうです。

そして発達障害にとって最も難しい、複数の作業を同時並行で素早くこなす必要があるのです。

陳列する商品の品出しをしながら、お客様がレジの前に立ったら素早く検品をしなければなりません。

大型ホームセンターなら品出しだけに集中できるのですが、コンビニは並行して接客をしなければならないのです。

検品にも手順があり、最初にネームプレートをスキャンすることを忘れる店員が多いのは僕が客の立場でも実感します。

商品を手際よくスキャンし、大量の商品を重いものから下に積んでいきます。また電気や水道といった公共料金の支払いも引き受けなければなりません。

さらに揚げ物やおでんの注文があればこれも器用に素早く取っていかなければなりません。店員側からは商品名が見えないため「レッドチリお願い」といわれても最初は「どれ?」って思ってしまいます。

お弁当を温めるとレジが空くので次のお客様の商品を検品し、温まったタイミングで前のお客様に渡すのも頭がこんがらがりそうでした。

いや、こんなの一気に覚えられます?

できる人が逆にすごいと思いますよ。発達障害の身からすると。スーパーマンです。

ネームプレートに「研修中」という文言が入っていれば気持ちが休まるのですが、僕の店では「そんなのは甘え」と店長から言われて初心者マークをつけさせてもらえませんでした。店長とそりが合わなかったのは間違いありません。

瞬間的な判断が苦手だと会計ができない

そして会計ですが、お金の計算がとっさにできなくて焦りました。

5000円札を1000円札と間違えてクレームを言われたり、釣り銭の額も的確に渡せないこともありました。

算数なら得意でしたし、もちろん日本円の紙幣や通貨はわかります。それなのにこんな凡ミスをやらかしたのです。

これがワーキングメモリの低さだと思い知らされましたね。

素早く手際よくこなす作業は動作性IQが低い人には非常に適性がありません。

僕がやってしまった大失敗

5分に1つミスをしていたくらいコンビニのバイトは難しかったです。

思い返したなかでも最も致命的なミスは、陳列する弁当やパンを入れてるケースを僕が5,6段重ねて、このジェンガみたいなタワーを他の店員が触れた際に倒してしまったことです。

コンビニケース

弁当やパンは床に飛び散り、売り物にならなくなるほどではなかったですが形状を崩してしまいました。

後で聞くとケースの積み方が上下で凸凹を合わせなければならなかったようで、「こんなこと小学生でも理解できるぞ!!」とこってり叱られました。

商品を崩す程度で済みましたが、もし倒れたケースが人の身体に当たったら・・・・・・・。想像するのが怖いです。

僕はあまりにもミスが多すぎて鬱になり、コンビニバイトを4日で辞めました。

オーナーも新人であることを考慮に入れても使えないヤツだと呆れていたでしょうが、さすがに4日で辞められるのは唖然としたようです。

僕はあまりにすぐに辞めたので経験という経験を積めませんでしたが、業務に慣れることで若干の改善は見込めたかもしれません。

訓練次第では発達障害でもコンビニの仕事ができるようになる人もいると思います。

ですが、発達障害の特性上コンビニバイトは非常に不向きであるといえます。

動作性IQが低い発達障害でもできるバイトは?

バイト選び

アルバイトでも最もメジャーといえるコンビニ業務ができないとしたら、動作性IQが低い人はどんなバイトをすればいいのでしょうか?

この記事では正社員としてではなく、学生やフリーターとしてアルバイトを選ぶことを前提として僕の独断と偏見で考えてみました。

  • 塾講師(しかし言語性IQが高くないと厳しいかも?)
  • 土木作業(体力に自信がある人なら。ルーチン作業多いため)
  • スーパーの品出し(コンビニとは違いレジ打ちしなくてよい)
  • 年賀状の仕分け(単純作業なため)
  • ティッシュ配り(単純作業)

ざっとこんなもんですかね。

営業マンなど正社員としては能力を発揮できることはあっても、発達障害の人にはバイトの仕事内容がむしろハードルが高いと感じます。

僕のブロガーとしての一意見ですが、今の大学生はライターやプログラミングで稼ぐことはできます。

ライティングの仕事は誰でもでき、求人もたくさんあるのでバイトの代わりとして稼げるのが嬉しいところ。流石に収入の柱にするにはセンスと運が必要ですが(^^;)

【ライティングならクラウドワークスで探すのがオススメ】



発達障害はほとんどのバイトが不向きなため、稼げるスキルを身につけてフリーランスを目指すのもありだと思います。学生の時点で稼げるスキルが身についていればもうバイトはやる必要はありませんよね。

できないことは努力してできるようにしようとしても、努力が空回りしたり無能な働き者と評されたり発達障害は本当に努力とは縁が遠い障害です。

適性がないことは最初から諦めましょう。仕事ができずすぐ辞められたら雇用主も困ります。

バイト以外での収入源がいくらでもある今の大学生はとても恵まれてると思います。10年遅く生まれたかった・・・・・。

スポンサーリンク