発達障害が子どもに遺伝したとしても別にいいじゃんね

遺伝
スポンサーリンク

ADHDだけどASDの傾向の方が強いと言われるエスト(@ESTO_geography)です。

親が発達障害だと子どもも発達障害になる可能性が高いといわれています。

当事者会で知り合った人も、親が発達障害の可能性が高いと語ってた人が多く見受けられました。

「遺伝する可能性があるなら子どもを作らないほうがいい」といわれると、発達障害は不幸であると決めつけられているような気がして不愉快ですね。

発達障害の子どもを育てるのが大変なのは自分の幼少期を振り返ってみても痛いほどわかりますが、今の時代は適切な支援を受けることもできるのですから諦めるのはまだ早い。

発達障害でも伸び伸びと生きていけるので問題ありませんよ。

発達障害は遺伝する障害?

発達障害は親から遺伝するという説は頻繁に話題になります。

親がADHDであれば、子どももADHDである可能性は70%という研究結果があります。ADHDは人口の数%であるため、10倍ほど発症率が高いんですね。

ただ30%は定型が生まれるということにもなり、遺伝する可能性は上がるとしてもやはり傾向が高いという域を超えないようにも思えます。

達障害を発現させる遺伝子はまだ発見されてなく、発達障害遺伝説はまだ研究途上なのですね。

遺伝より環境で生きづらさが顕在化する

発達障害の親に育てられることで障害の特性が顕在化していく環境要因が、遺伝的要因よりも大きいと僕は考えてます。

当事者会に参加すると、社会的常識を知らない毒親に育てられた発達障害当事者が多かったですね。親も発達障害で、生育歴が歪んでいるダブルコンボなのでしょう。

さかなクンさんや栗原類さんはお母さんが個性を尊重して得意なことを伸ばしてきたようですよ。

愛されキャラだったりすると自己肯定感が高まっていき、否定されてくるとその逆。特性上どうしてもできないことも責められるようじゃ二次障害にもなります。

僕自身、発達障害は母からの遺伝で、社会性に欠ける親に育てられたから障害があぶり出されたのです。

自分が不遇なのを他人や環境のせいにしてもどうにもならないのですが、養子として定型発達の両親のもとであれば生き方も大きく変わってたじゃないかなぁ。

「遺伝するから子どもを生むな」というのは危険な思想

僕はアセクシャルで結婚願望がなく、子どもも欲しいとは思いません。子どもに発達障害を遺伝させたくないという以前の話になっちゃいますけどね。

「発達障害が遺伝するから自分は子どもを作らない」という考えは問題ないのですが、

子どもを作るな!!」と他人にいう人も世の中にいるんですって・・・・・・・。

まるで発達障害は生まれないようがいいという思想ですよね。差別の意識が根本にあるんでしょうね。

地雷を踏みかねないので発達障害は遺伝するという説は人前では話さないのが好ましいです。

子どもが発達障害だったら支援を受けるのが吉

今は発達障害の子どもは特別支援学級に通級する時代なんですよね。僕は普通学級にしか通えませんでした。

お子さんが発達障害の可能性があったら心療内科に相談して、家族に発達障害の者がいることも同時に伝えるとなお良いでしょうね。

診断を貰うことを勧めているわけではありませんが、学校生活に困難を感じているようであれば特別支援学級に通うのが今後のためだと思います。

関連記事: 【発達障害】普通学級が無理なら特別支援学級に通ったほうがいい

高校卒業以降が鬼門かも?

発達障害の人は高校生までは特性が目立たないこともあり、大学に入ってからや就職してから生きづらさを抱えるようになる人が大多数ですよね。

高校までは勉強していれば対人コミュニケーションに難があってもたいして問題になりませんが、大学生になると履修登録や出席不足で単位を落とすことも十分に考えられます。

就職すると社会性が求められるようになり、それまで隠れていた特性が目に見える形で現れ鬱になる人もたくさんいるようです。

大学の場合、発達障害が疑われたら学内の支援センターに相談するとキャンパスライフや就職活動を順調に進められるヒントを得られるでしょう。

無料でWais-IIIのテストを受けることができる大学もあるとのことです。

関連記事: 発達障害の人は大学卒業は厳しい?留年をしないためには?

我が子が発達障害でも胸を張っていこう

発達障害は遺伝するという遺伝的要因はまだ証明されておらず、眉唾であるとも考えられます。

遺伝する可能性があるからといって子どもを作るべきでないという主張はおせっかいが過ぎますし、実際にお子さんが発達障害であったとしても特性に合わせたプログラム教育を受けるのがベターでしょうね。

今は本当に発達障害には生きやすい時代になりました。10年前よりは発達障害そのものの認知度も上がってますし、発達障害の人が生きやすい社会になるのは今の時代急務とされる課題です。

例えば体育会系の根性論もこの数年で否定されて、できないことは受け入れられる、個性を尊重する風潮になってきました。

発達障害でも胸を張って生きていける世の中であればいいんですが、実現は難しいですよね。ただ不可能ではありません。

僕はブログを通して発達障害の人が生きやすくなるヒントを提供していきます。

関連記事: IQが高くても発達障害に!?生きづらさの原因は言語性IQと動作性IQの差。

関連記事: 発達障害は治らない・・・ので、社会が発達障害に合わせてほしい

スポンサーリンク