「◯◯だから」という決めつけが可能性を潰す。できない理由を作るな。

スポンサーリンク

アンチから叩かれるのがもう怖く無くなったエスト(@ESTO_geography)ですw。

本日2本目の投稿なので火がつくといくらでも記事が書けることに気がつきました。これも僕の才能ですね。

最近SNSを眺めていても、僕の人生で見聞きしたことも、すべてに言えるんですが「できない理由」をつけて挑戦することを躊躇う人が多いです。

さらには他人の夢にケチをつけてこきおろそうとするしょうもない輩も多数います。

僕は非常に残念だと思います。夢を持つことのどこが悪いのか。

まず「できない理由」を排除する必要があるのではないでしょうか?

頭が悪いからと理由をつけてりゃ有名大学に行けなかった

僕は高校3年のとき「有名大学に進学する」とクラスメイトに豪語しました。

当時の僕の偏差値は40程度であり、テストのたびに先生から渋い表情で赤点を返されてる僕が偏差値60以上の大学を受けると言ったのです。

当然、クラスの人たちは皆僕をバカにしました。

「へぇ〜、すごいね(めっちゃ棒読み)」

「お前バカだから無理、諦めろ」

担任の先生からも「目標を考え直したらどうだ?」と打診を受けましたが、僕は妥協を許しませんでした。

結果は現役では惨敗しましたが、なんと1浪して当初の目標のレベルの大学に合格することができたのです!!

この経験から言えることなんですが、「頭が悪いから」と決め付けていれば有名大学への挑戦もできなかったはずです。

もちろん結果を出すのは努力しないと話になりませんし(受験生の頃は毎日12時間は勉強しました)、才能も必要になってくるでしょう。

ですが理由をつけて自分で可能性を潰す世の中であっては欲しくないです。

「できない理由」があって行動しないと一生悔やむことになる

壁を破るために努力した経験は誰でもあるでしょう。

僕の場合は受験勉強でしたが、部活動でレギュラーになるために猛練習をしたり営業マンで売り上げを上げるために成績トップの人をコピーするまで真似たり・・・・・・。

いつまでも現状のままでいいと考えているようでは成長できません。そのためには強い向上心が必要となります。

特に体育会系の人は努力の仕方が身についているため、ビジネスでも妥協を許さない優秀な人が多い印象を受けますね。

誰でも人生で一度は経験してるはずのことなのに、いざ行動となると躊躇する人が多いのはなぜでしょうね・・・・。

失敗するのが怖いから?

それとも恥をかくのが怖いから?

素直に「やりたい」と思ったことにはすぐ飛び込むのが好ましいのです。

僕の場合は文章を書くのが好きなのでブログで自分の考えを言語化しています。

ブログはビジネスとしてはリスクはほとんどありません。サーバー代が月数千円かかる程度なので。

ブログで生計を立てるくらい稼ぐのも狭き門だと理解しています。いわゆるプロブロガーは運と才能に恵まれてないとなれません。

僕は文章は好きで書いているので収益化は二の次です。

ですが株の投資やFXとなるとリスクは大きいですね。一気に数千万の損失が出ることだってあります。

僕は投資関連のビジネスは全く興味ないのでやってませんが、もしやるとしたら最初からできない理由なんて探さないことが大切ですね。

僕は昨年末仮想通貨で損をしましたが、まぁこれも経験かなぁと思って開き直ってます。

死ぬわけじゃないなら、本当にやりたいと思ったことは全力で飛びつきましょう。

「失敗したら」は後から考えよう。覚悟を決めて、全力で!!

ブロガー界隈で「収益0円だけど会社辞める」「借金があるけど独立」といった文言で注目されている人を見かけます。

僕は覚悟を決めた発言だと思うし立派だと思うのですが、やはり外野から批判のコメントをたくさんもらってるそうです。

「それで稼げなかったらどうするんだ?」

「お前じゃ無理、諦めろ」

といった内容らしいですが、よくここまで他人の人生に干渉できますね。彼らや彼女らのご両親でもあるまいし。

「稼げなかったらそのときどうにかする」程度に考えていて、まずはとにかく「稼ぐ」ことに精一杯でしょう本人は。

ブログの世界は生存バイアスだとは思います。成果を上げた人の声ばかりが通っていって、途中で消えてった屍は何も話しません。

ですが挑戦すること、夢を見ることのなにが悪いんですかね???

人の夢にケチをつけて、足を引っ張るほどみっともないことはありません。

できない理由を探さず一生懸命ビジネスに取りかかってる。その覚悟ができない敗北者の妬みのように思います。

僕もそういう時期がありましたが、他人を妬むとますます悲しくなって手が止まるので自分のことに精一杯取り組むようになりました。

僕だってビジネスで稼げない理由はありません。

できない理由なんて失敗した後でつければいいのです。そもそも失敗するという前提すら持ってませんがw

僕だけではなく、なにかに挑戦する人は是非「できない理由」を除いてチャレンジしてみましょう。

関連記事: ネットで人を叩く人は暇人。そんな人の話は無視しよう。

スポンサーリンク