人格形成期のいじめは絶対に避けなければならない!!

izime

重い話題になりますが、いじめって本当に醜いですよね。

いじめなんて本当に世の中からなくなってほしい。

いじめたほうは覚えてないだろうけど、いじめられたほうは一生のトラウマになることもありうるのです。

いじめ解決の案は関連記事でお伝えしますが、最近は「いじめられた」ことをバネに奮起したと語る人もいます。

それでもやはりいじめられた体験はプラスになることはほとんどないと思うのです。

スポンサーリンク

いじめられて本当に良かったと思えるだろうか?

先日M-1グランプリ優勝したお笑いコンビ霜降り明星のせいやさんは高校時代ひどいいじめに遭っていたようです。

脱毛症になるほどいじめは深刻だったそうですが、文化祭で自身が考えたコントで表彰され「いじめを跳ね返したぞ!!」と壇上で叫んだそうです。それからいじめはなくなったようでお笑いで自信をつかめるようになったとのこと。

ベストセラーを多数出版して波に乗っている幻冬舎社長の見城徹さんも容姿が理由でいじめに遭っていたとのことで、彼の代名詞である「圧倒的努力」はこのいじめ経験から駆り立てられたとのことです。

プロボクサーでフライ級王者になった内藤大助さんもいじめられっ子だった「リアルはじめの一歩」として知られていますね。

しかし、いじめられた経験をバネに努力できる人ってほんのごく一部だと僕は思います。生存バイアスだということです。

幼少期にいじめを受けると人格が歪み、逆に落ちこぼれてしまう可能性の方が高いのではないでしょうか?

僕もいじめられていて、やっぱり歪んだと思う

僕も物心ついた頃からいじめに遭っていました。

最も記憶に古いのは3歳くらいの保育園のことです。

同級生にいきなり殴られたり、腕を捻られたりしました。

「お前は変な顔だからだ」「ブサイク死ね」と容姿を理由にからかわれたのを今でも思い出します。

ルックスは自分で選べるわけではないのにこんな酷い仕打ちを受けるなんて、僕はなんてついてない人間だろうと世の中を恨みました。

環境や他人のせいには極力したくないと考えていますが、このときのトラウマから対人関係に難を抱えるようになったと思います。

自分が酷い扱いをされてきたから、他人にも酷い扱いをして構わない」みたいなことがどこか深層心理にあるんだと思います。距離感をつかむのが苦手です。

「この人は僕の顔が醜いと不快がってるんだろうな」と考えてしまい、未だに人と目を合わせて話すのが苦手です。

コミュニケーションが苦手なのを発達障害と診断をつけるのは容易いですが、いじめられた経験があったからだと考えています。

いじめられる性格だからいじめられるのか、いじめられたからいじめられる性格になるのか、卵と鶏のような話ですしどっちもあるのでしょうが、いじめが原因で人格が歪み社会生活に不安を抱えるようになってしまう人がほとんどだと思います。

小学校に上がってからいじめは少なくなり4年生になると友達と一緒に遊ぶこともありましたが、元いじめっ子の友達とはやっぱりウマが合わなかったです。

いじめのトラウマをぶり返すたびに再びいじめが始まり、物を隠されたり、好きではない女の子を好きであるといった事実無根の噂を流されるようになっていきました。

6年生になるといじめは最もピークになり、進学先の中学はいわゆるヤンキー学校で僕が通うと殺されかねないとのことで隣の学区の中学に転校となりました。

学校の先生は「いじめられる方にも原因がある」と言ってよくて喧嘩両成敗、基本的にいじめっ子の肩を持つようになってました。

既に僕の人格も歪んでしまっていて、加害者のほうにしか同情できなくなっていたのだと思います。

当然学校に通うのは嫌でしたが、僕の家族も「不登校は世間体がよくない」とのことで強制的に学校に通わされました。

再三言いますが人間性の歪みを発達障害というのは簡単ですが、物心ついたころから容姿でいじめを受けることがなければまた生き方も変わっていたと思います。

関連記事: 元不登校だけど学校なんて通わなくてよい!!不登校は悪いことじゃない!!

いじめをして思ったけど、やっぱり愚かしい

これまで被害者の視点でいじめを語ってきましたが、逆に僕がいじめをしていたこともあります。

相手は先ほど述べた好きでもないのに僕が好きだという噂を流された女の子です。

その女の子は大変失礼ですが容姿が醜悪で、勉強も苦手で身体も弱く、保健室登校が多かったです。

本人も自分に劣等感があるのが伝わってきて、内気で人と話すのが苦手。ただ、保健室にきた下級生を面倒見たり今思うととても優しくて良い人でした。

その女の子は男子からいじめというよりは差別を受けていて、例えば彼女の名前がマイさんだとしたら「マイ毒がうつる〜」といって不可触民のような扱いでした。全国の小学校である「◯◯菌」と同じようなケガれの意識でしょうね。

僕へのいじめをエスカレートさせるため、ジャイアンみたいなクラスのガキ大将が「エストがマイ(仮名)のこと好きだって」みたいな噂を広めました。

僕も当然気分がよくないため、なんとその女の子をみんなの目の前で足を踏んだり蹴ったりしました。最低ですね。男の子が女の子に暴力なんて、余計クズ。

こんなことをしたのは「俺だってこんなブス嫌いだ」という意思表示、あと共通の差別意識を持つ対象を明確にすることで僕自身のいじめを回避するためでした。

当然先生からはこっぴどく叱られました。

自分ながら愚かしいと思ってます。子どもの倫理観なんてクソですよね。

自分がいじめられないために、さらに弱い者をいじめる。

学校という環境は悪意で満ち溢れていると思います。

いじめを回避するためにはどうしたらいいか

学校に通わなければ良いのです。不登校でOK。

といいたいところですが、それはあまりにも無責任ですよね。

登校拒否をしていても担任の先生からは「学校は通わないといけないと法律で決まってるから通いなさい」と説得されました。先生というポジションであればそういうしかない事情もわかります。

ただ学校に通うことでいじめに遭い人格が歪むことがあれば、学校に通わないのも手段だと思います。

毎年のようにいじめによる自殺が報道される現状を考えて、学校に通うことが最適解ではないです。

ただ不登校だったらいいとはもちろん言い切れません。

社会性を培う場も学校であると思いますし、その代わりになる場所がないとまた人格形成で問題が生じてくると思います。

荒れている学校であれば平和な学校に転校する、これは僕の実体験ですがやっぱり後味がよくなかったです。

田舎でいじめで転校をしたなんて話をするとずっとその地では除け者扱いされます。僕が地元に住みたくない最大の理由です。

あと「同じクラスはみんな友達。仲良くしよう。」という同調圧力が嫌でした。

合わなければ仲良くする必要なんてないし、無理に一緒にさせるからいじめが生じると思うのです。

合わない人ともうまくやっていけなければ社会に出ても困りますが、そこで無理に仲良くするのではなく妥協して付き合うという考えが教育者は欠けているように思います。違いがあることを受け入れること。

理想論としてはいじめはなくなってほしいですが、やっぱり人が2人以上関わるといじめが発生してきます。これは子どもだけの話ではなく大人でもそう・・・。

ただ、大人になって対人関係で困ることはあってもせめて人格形成期の子どものうちはいじめは全力で回避したいと思っています。

関連記事: 学校や教師は信用できない。腐ってる奴らだと思ったら今すぐ逃げろ!!

スポンサーリンク